電話占いはちょっとの合間に気軽に話せる話し相手

私は過去に何度も電話占いを利用しているのですが、その内容はまちまちです。

日頃の雑談やちょっとした悩み、何かの目的を達成したい為にそれに関するアドバイスを受けたりしています。

「悩み相談」だけを受け付けている訳では無いという部分が、私の電話占いの利用率を加速させているところだと言えます。

仕事から帰って少しゆっくりする時間など、ちょっと合間で気軽に利用出来るのが良いです。

さらに、電話という手段なのでお手軽感があると言えます。

電話占いという名前でサービスをなされているので、占い以外の用途には利用しづらいイメージがありますが、占いだけどころか会話であれば基本的にどのような用件でも対応していただけます。

「ちょっと話を聞いてもらっていいですか?」とか「こんな事があったんですけど、これからどうしたらいいですか?」など、こちらから何らかの話を振ればそれに対する回答やアドバイスをいただく事が出来るのです。

電話占いなので、何かを鑑定してもらってそれを信用するしないとか、そういう難しい話ではありません。

ただの話し相手であったり時には会話の内容を判断してそれに対するアドバイザーとなったり、こちらの会話内容によってそれに適合したスタンスを取ってもらえます。

家族や友人、知人には相談出来ない、話せない事、一人で抱え込んでしまう悩み事などに極めて適したコンテンツだと感じます。

「誰にも話せない」内容こそが、電話占いを利用するきっかけとなる一つの要素だと言えるでしょう。

私がそうなのですが、話すだけで気持ちが楽になったり、時々素晴らしいアドバイスをいただく事が出来ます。これは、一人で抱えていては到底辿りつけないところです。

「何でも話せる人」が居れば良いのですが、そういう友人等が居る人ばかりではありませんし、親密な関係を持つ友人等が居ても悩み事だけは別枠という方も居ます。

むしろ、「何でも話せる人」が居る方が、今のご時世では珍しいのではないかと疑問に思います。

現に、現状では電話占いの需要は伸びており、それは「そういった方」が現代では増えているのでは?と考えられるからではないでしょうか。

私の場合、ストレスが溜まったり人恋しい時などに利用しますが、電話が終わった後はいつも気持ちが凄くすっきりしたり、満足感や充実感があります。

人間にとって「話す」という事が、どれだけ大切な事であるかが伺える瞬間です。たかが会話、されど会話なのです。

その他

Posted by ヒカル


トップへ